怖い大腸がんから身を守る【高まる発症率に備えよう】

hospital

がんに備えて

看護師

がんになることが怖いと感じているのならば、がん治療についてきちんと調べるようにしておきましょう。最先端の治療方法をたくさん知っておけば、がんになったときに最適な治療方法を自分自身で望むことができます。

原因と対策を知る

実績がある!鼠径ヘルニアの手術はこちらで受けられます。ヘルニアや治療法について詳しく知っておいたほうが良いですよ。

doctor

最近、食の欧米化などが原因で大腸がんの発症率が増えてきています。動物性脂肪を消化する為には胆汁を多量に分泌する必要があります。この胆汁が腸内細菌により酸化し、二次胆汁酸に変化して発がん物質として働くのです。特に発がん物質と接する時間が長い大腸の終点にあるS状結腸や直腸は大腸がんが多発する部分となります。大腸がんは早期には自覚症状がありません。進行してくると排便時の腹痛、血便、便が細くなる、排便後の残便感などの自覚症状が現れます。その他体重の減少やだるさなどを感じたら早急に受診することをおすすめします。初期は便潜血検査を行い便内にある目に見えないような出血を確認します。この検査での陽性は7%ほどですが、そのほとんどがポリープか痔なのでがんと診断させる人は0.2%程度です。

大腸がんと診断された場合、早急に治療をスタートすることが大切です。がんには、がんの進行状態を測るステージというものがあります。病院の検査で、大腸がんがどのステージなのかを把握することで的確な治療計画を建てることができます。初期の治療であれば、内視鏡での患部摘出ができ、完治も可能です。大腸がんは症状が進むと、近くに転移する可能性があります。転移している場合の治療は時間がかかり、また転移箇所によっては治療が困難となることもあります。大腸がんが進行しすぎる前に発見するためにも、定期的に健康診断を受けるようにしましょう。また、がんを予防するような生活習慣をこころがけることも重要です。大腸がんの予防でまず大切なのが食生活です。食事の欧米化により動物性脂肪を多く摂取することが大腸がんの原因とされているからです。お肉や脂っこいものが中心の食生活は控えた方が良いでしょう。さらにお酒をたくさん飲むこともがんの誘発につながります。タンパク質は鶏肉や魚など脂肪の少ない食材を選び、野菜を多く摂取しましょう。

病気の特徴と症状

doctor

悪性リンパ腫は体の全身にあるリンパ節が腫れる病気で、日本人はほとんど非ポジキンリンパ種という種類のものに感染します。細菌患者数が増加しているがんです。触診で自分で見つけることが可能なので、気になるしこりがある場合はすぐに受診しましょう。

珍しい十二指腸のがん

doctor

十二指腸がんは十二指腸と呼ばれる消化管にできる悪性腫瘍です。十二指腸は胃と小腸を繋ぐ消化管です。消化管にできる悪性腫瘍の中でも特に珍しい病気で、発症率は平均して一パーセント程度です。十二指腸がんの根本的な対策は早期発見・早期治療です。